三菱ミニカ(H31A/H42A)の査定額をしつこい電話なしで知る方法は?

三菱,ミニカ

三菱のミニカ(H31A/H42A)と言えば

誰も知っている三菱を代表する車です。

 

販売を始めたのは1962年です。

 

今から52年前のことです。

 

三菱が手掛けた初の軽自動車と言う事になります。

 

2011年には終了することになりますが、

ハイゼットとサンバーに次ぐ長寿車です。

 

車のタイプも変わります2ドアセダン、3ドアハッチバック、

2ドアセダンのリアガラスハッチ、5ドアハッチバックなどです。

 

乗用も商用もありました。

 

商用では定員1人という車もありました。

 

搭載されていたエンジンも排気量も360cc、550cc、660ccへと

規格変更にそって変化します。

 

駆動もFR、FFと4WDで、変速機も多種多様です。

 

まさに軽自動車の歴史そのものです。

 

ウェブで値段がわかるサイト

 

 

三菱ミニカ(H31A/H42A)の歴史

初期型のミニカは自動車博物館か

相当のメンテナンスを受けた車のみが稀に見る事ができます。

 

その機会もほとんどないと言っても良いでしょう。

 

1980年代の車でもお目にかかることは珍しいと思います。

 

最近では1990年に登場したミニカ派生のトッポが話題を呼びました。

 

この車はミニカの6代目をベースにしていました。

 

1993年にはボディラインがより丸みを帯びたものとなり、

室内空間も広々としていて特に女性層から人気を得ていました。

 

8代目からはセダンタイプは廃止され4ナンバーの商用車のみとなります。

 

2011年には商用タイプが話題を呼んだ

トッポも2013年には終了しています。

 

しかしミニカのブランド力は根強く買い取り市場では

車の状態にもよりますが良好な査定額を得ている車もあります。

 

ウェブで値段がわかるサイト

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ