三菱タウンボックス(U61W/DS64W)の概算価格をインターネットで知る方法

三菱,タウンボックス

三菱のタウンボックスは1999年に販売を開始しました。

 

先代は同社のブラボーです。

 

ブラボーは貨物自動車登録でしたが

タウンボックスは5ナンバーの乗用車となります。

 

2011年までの12年間の実績を残し一旦終了することになりました。

 

その後2014年に再び販売されることになりますが、

このタウンボックスはスズキとのOEM契約車です。

 

ウェブで値段がわかるサイト

 

三菱タウンボックス(U61W/DS64W)のベース車両は?

ベースになっているのはエブリイワゴン(DA64)です。

 

初代のタウンボックスに搭載されていたエンジンは

660cc直列3気筒12バルブインタークーラーターボです。

 

駆動はRWDで、変速機は4速ATと5速MTです。

 

注目されるのはエンジンを運転席の下に配し

後輪に力を伝えると言う仕組みです。

 

一般にキャブオーバーのフロントエンジン

リアドライブと呼ばれています。

 

タウンボックスにはワイドと呼ばれる

1100ccのワンボックスカーがありましたがこちらは

2年間という短い期間(1999年~2001年)で終了しています。

 

スズキのエブリイワゴンをベースにした

タウンボックスは基本をほとんど変えていません。

 

ウェブで値段がわかるサイト

 

三菱タウンボックス(U61W/DS64W)の特徴は?

この車の特徴として走行性は勿論ですが

充実した室内空間と内装があげられます。

 

ゆったりとした空間に全席が独立した

キャプテンシートとなっています。

 

収納ポケットも多様で使い勝手のよいものとなっています。

 

このような特徴がありますので市場や

ユーザーから高く評価されています。

 

買い取り市場においても高額査定が出ています。

 

特にワンボックス専門の買い取り業者が

注目している車と言えるでしょう。

ウェブで値段がわかるサイト

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ