日産ルークス(ML21S)をしつこい電話無しで買取させる方法

ルークス,日産

車登録なしボタン

日産のルークスは2009年から2013年までの

4年間販売された5ドアトールワゴンです。

 

この車もスズキからOEM供給を受けていました。

 

ベースとなる車種はパレット(MK21S)です。

 

スズキが製造し日産ブランドのルークスとして販売されます。

 

OEM契約は2社間においてお互いに利点があるため成立します。

 

供給元は製造し提供することで利益を確保できます。

 

供給される先は生産にかかわる莫大な資金投資を避けて

軽自動車の販売が出来る仕組みです。

 

ルークスの販売台数を見ると2010年には年間販売台数で9位です。

 

一方ベースとなったパレットは同年で6位です。

 

その差はおよそ3万台です。車の3万台は大きい数字です。

 

ルークスは2009年の販売ですから

その翌年にはトップ10入りしたのです。

 

ルークスもパレットもその後僅差となりますが

トップ10内の販売成績をおさめています。

 

 

ルークス人気の秘密は?

ルークス,日産,ML21S

人気のあるパレットを日産の巨大販売網に

ルークスとして登場させたのですからスズキも日産も

OEM契約は成功したと言えるでしょう。

 

その背景にはルークスの名の通り

「ルームマックス(広くて上質な室内空間)」を備えている事が

ユーザー層に支持されていたことがあります。

 

ルークスはその後2013年には販売を終了しました。

 

その後は後継のデイズルークスとして継続販売されることになります。

 

こちらは三菱自動車との共同開発ですが、

日産らしさを出していて市場から評価されています。

 

いずれにしても買い取り市場では

高額な査定情報が多く見られます。

 

電話ダメ

電話なしでウェブだけで値段が分かるサイトを利用して、

簡単に車の値段を調べてみましょう。

車登録なしボタン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ