スカイラインV36/250gtの概算価格を営業電話なしで。

250gt

車登録なしボタン

日産・スカイラインは、1957年当時の富士精密工業あとで、

プリンス自動車の主力車種として販売され、

1966年日産自動車に吸収合併された後も引き続き製造された。

 

プリンス自動車時代から車名が残っている唯一の車です。

 

初代は、富士精密工業から発売され

当時の小型自動車の規格で1.5リットル直列4気筒のエンジンでした。

 

構造は、セミモノコックで1.5リットルクラス最高の最高時速は、

125km/hでした。

 

2代目は、1963年に発売され1.5リットル直列4気筒のエンジンで、

4ドアセダン、5ドアバン、5ドアステーションワゴンの設定でした。

 

3代目は、通称ハコスカと呼ばれ1968年発売され

日産自動車との合併後初めての販売です。

 

1.5リットル直列4気筒のエンジンで2ドアクーペ、

4ドアセダン、5ドアステーションワゴンの設定でした。

 

後に1.8リットルと2.0リットルのエンジンが追加されました。

 

4代目通称ケンメリは1972に、5代目通称ジャパンは1977年

6代目通称ニューマンスカイライン、RSは、鉄火面は1981年、

7代目は1985年8代目はR32型が1989年に発売され大ヒットを収め、

9代目R33型が1993年、10代目はR34型、11代目は、2001年

12代目は2006年そして現行モデルの13代目は、

2014年から販売されています。

 

とにかく歴史が長い車です。

 

 

スカイライン中古車市場での価格は?

003

新車の価格は、307万円~456万円。

 

中古車の価格は、5万円~999万円。

 

となっています。長い歴史のあるスカイラインですが、

これだけモデルチェンジの多い車ですから、

グレードやマイナーチェンジなどの違いがありますので

相場だけでは、いくらくらいの買取値がつくか分かりません。

 

仕様変更も多いですから、売却を行なうのであれば、

早い方がいいと思います。

 

 

スカイラインをしつこい電話無しで売却する方法は?

point

スカイラインの売却をする際には、

買取査定サイトを利用して、

復数の買い取り業者より

価格情報を取ることがおすすめです。

 

しかし、

買取査定サイトは登録している買い取り業者が

多いゆえに登録した瞬間に

大量の電話がかかってくるケースもあります。

 

そこで、

そういった大量の電話を受けずにあなたの

スカイラインの価格を知る方法を紹介します。

 

参考にして頂ければ、

安心してあなたのスカイラインの買取査定額を

知ることができますよ。

車登録なしボタン

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ